2015年04月13日

島田の地名

天白区島田は、古代から人が住んでいた土地です。 平安時代以前は、植田あたりから天白川下流域にかけて、年魚市潟(あゆちがた)と呼ばれる干潟が広がっていました。

島田周辺はあゆち潟の沿岸になっていました。このため、島田周辺には、あゆち潟に由来する地名が残っています。

あゆち潟

あゆち潟は、ところどころ島になっており、その島が稲作地になっていたとのこと(参考記事)。ただ、個人的には、「植田=上田」と「島田=下田」だったりするのではないか、と思ったりします(根拠はありませんが)。
ラベル:歴史
posted by tenpakutanken at 00:00| Comment(0) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする