2017年05月17日

3月12日の「相生山の四季を歩く会」午後の部

午後の部

2017年3月の「相生山の四季を歩く会」の午後の部に参加しました。「相生山の四季を歩く会」による相生山散策会は、毎月第2日曜日に実施されています。その参加報告の記事です。二ヶ月遅れの更新で申し訳ありません。
本当は午前の部に参加したいところですが、都合がつかず、午後からの参加になりました。午後12時45分頃にシンボルコナラの場所をスタートして、相生山の翁シスの森の北側一帯を中心に散策しました。

早春模様

新緑にはまだ早いですが、梅が咲き誇っており、すっかり早春の模様となっていました。

201703ume.jpg

201703ume1.jpg

天気はよく晴れており、30分ほども歩いていると暑いくらいでした。普段立ち入らないような山の中にも入り、野生ランなどを観察することができました。野生ランについては、生育場所やランの種類などはオープンしない方針でおります。

201703ran.jpg

201703ran1.jpg

201703kosida.jpg
相生山で、ところどころに見かけるコシダ。

201703jintyouge.jpg
人が植えた沈丁花が良い香りを漂わせていました。

竹林やクマザサの由来

さて12日の散策会では、歩きながら主催者のfさんから、色んな興味深いお話を伺いました。例えば、相生山の中にはびこる竹林については、昔、京都の竹を移植したものの名残だということです。また、あちこちにあるクマザサは、昔あった料亭の庭に植えられていたものだそうです。他にも、鳥屋(とや)の跡とか、相生山の土地の複雑な事情についても伺うことができて、いろいろと勉強になりました。

過剰な手入れ?

歩いていて、下草や灌木が切られたりしていて、やや過剰な手入れだと感じることがあったのが、個人的に気になりました。また、あちこちで灌木が折られている場所があり、これは心ないいたずらかもしれないと思いました。

201703bassai.jpg

個人的には、なるべく手入れをしない方向での相生山の保存が望ましいと常々考えています。
ラベル:樹木
posted by tenpakutanken at 21:50| Comment(0) | 相生山散策会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: