2015年06月07日

6月6日「相生山を歩こう」に参加しました

道路工事跡地

「市道弥富相生山線を考える市民の会」「相生山の自然を守る会」などが共催した「相生山を歩こう」に参加しました。 6月6日(土)9:30〜11:30まで、道路工事の現場跡地を見て回りました。

乾燥化という弊害

説明によると、2005年頃、橋脚を建設する際に、周囲の木を切ったため、乾燥化が進んだとのことです。 その結果、稲田口周辺のヒメボタルが減ったとのことです。
しかし、2015年現在は、樹木なども回復してきており、稲田口周辺のヒメボタルも戻りつつある、とのことです。
木を伐採することで、乾燥化が起き、生態系が変化することが分かります。

タヌキ

また、橋脚建設の際の振動などで、タヌキが逃げ出し、あちこちの道路で事故にあったとのことです。

撤去か再利用か

kouji2.jpg
kouji3.jpg

「相生山を歩こう」では、現場を観察しながら、跡地の再利用方法を考えました。
撤去するのにも、十数億かかる、ということで、河村市長は再利用する意向だそうですが、参加者によっては、直ちに撤去すべき、との意見もありました。管理人としても、できれば撤去してほしいと考えます。

観察できた植物

jigabatisou.jpg
ジガバチソウが自生していました。
たくさん生えていたそうですが、かなり盗掘されたそうです。

taranoki.jpg
タラノキも、木の枝を折った跡がありました。

teikakazura.jpg
藤原定家にちなんだテイカカズラが咲いていました。

観察した感想

道路工事の現場跡地を実際に観察してみて思ったのは、動植物への影響の大きさでした。 乾燥化の影響も気になります。 跡地の再利用についても、なるべく人手が触れないようにする配慮が必要だと感じました。
ラベル:自然
posted by tenpakutanken at 01:46| Comment(2) | 相生山散策会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの観察会は道路建設の現状の観察会ですね。
撤去するにも結局破壊ですからね。
ただ自然の力は人間の作るものをあっという間に壊します。
数年も放置すれば草が道路の上をはこびっていくでしょうね。
Posted by 白鴉 at 2015年06月07日 18:43
コメントありがとうございます。
もちろん、構造物を放置するという手もありますが、気がかりなのが、構造物があることで、道路計画がぶりかえすことにならないか、という懸念です。これは他の参加者の方も指摘しておられました。
公園プランについても、意見がまちまちです。
このまま放置できればいいと個人的には思いますが。
Posted by 管理人 at 2015年06月09日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: