2016年01月12日

果実酒を楽しむ 2016年1月10日の散策会

散策会レポート

2016年1月10日の「相生山の四季を歩く会(ラブリーアースJapan主催)」散策会のレポートです。 竹林の道の途中に、ミニ門松が置いてありました。正月気分です。

kadomatu.jpg

果実酒を楽しむ

sake01a.jpg
相生山の木の実を使った果実酒を楽しむことができました。 左から、「ガマズミ酒」「ズミ酒」「シャシャンボ酒」です。素朴ながらも癖になりそうな味わいでした。相生山のクチナシで着色した芋きんとんも味わいました。

sake01b.jpg
こちらは、参加者の白鴉さんが持参したクワの実のお酒です。

sake01c.jpg
品の良い甘さとクワの実の深い色合いが印象的でした。 山の恵みとお酒を持参された方々に感謝しつつ、貴重な味わいを楽しませていただきました。ごちそうさまでした。

常緑樹

相生山緑地は、冬でも常緑樹の緑が楽しめます。

sakaki01.jpg
サカキは、ツバキ科の常緑樹で、縁起の良い木とされます。神社の神事でも使われています。サカキは葉の先端が尖っているのが特長です。

hisakaki01.jpg
ヒサカキは、サカキとともに、縁起の良い木とされます。葉がぎざぎざになっているのが特長です。サカキは暖地に生育するので、寒冷地では、ヒサカキが代用されることがあるとのことです。

nezimimoti01.jpg
ネズミモチも常緑樹です。

シャシャンボ

syasyanbo01.jpg
シャシャンボの実をつまみ食いしました。なかなか美味でした。

感想

今月の散策会は、なんといっても果実酒でした。身近な場所で取れた木の実だけあって、格別のものがあります。 こちらのブログにも当日のレポートがあります。
ラベル:自然
posted by tenpakutanken at 22:05| Comment(0) | 相生山散策会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする