2015年09月13日

2015年9月13日の散策会

相生山の四季を歩く会に参加

「相生山の四季を歩く会(ラブリーアースJapan主催)」9月13日の散策会のレポートです。2015年8月の散策会は、暑さのため有志のみの企画となっていました。実は8月も参加するつもりでいたのですが、寝坊のため参加できませんでした。

ハイイロチョッキリ

9月の散策会で目立ったのがハイイロチョッキリが落としたドングリです。ハイイロチョッキリは雑木林に生息する甲虫です(参考URL)。8〜9月頃に、ドングリの実に穴をあけて卵を産み、穴をふさぎ、その後、枝を切り落とす、という珍しい行動を取ります。
haiiro9.jpg

おなじみの樹木(花)

kusagi9.jpg
クサギの花が咲いていました。

nurude9.jpg
ヌルデの花。ウルシの仲間で、人によっては、かぶれることがあるとのこと。

おなじみの樹木(木の実)

tobera9.jpg
トベラの実がなっていました。相生口に生えています。

aohada9.jpg
アオハダが赤い実をつけていました。若葉は食用となるとのことですが、実はどうなのでしょうか。調べてみたいと思います。

gamazumi9.jpg
相生山でおなじみのガマズミです。

zumi.jpg
ズミも実をつけています。

akebi9.jpg
アケビも大きな実をつけていました。

nobudou9.jpg
ノブドウ(野葡萄)の果実は、光沢のある青色や紫色などに色づきますが、食味は不味い、とのこと。

感想

二ヶ月ぶりの相生山でしたが、木の実がいろいろと見られて興味深い観察会でした。
ラベル: 樹木
posted by tenpakutanken at 00:00| Comment(0) | 相生山散策会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

葉書塔

徳林寺の近く

相生山にある徳林寺の北東のひっそりした場所に、葉書塔と呼ばれる小さな建造物があります。 昭和2年に、中日新聞(当時は新愛知新聞社)が一般募集で県内の名所を選びました。その際に、相生山が5位にランクインしたとのこと。

葉書塔
投票された葉書が、この塔の中に収められているということです。相生山散策の際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

葉書の木(郵便局の木)

tarayou12.jpg
葉書塔の近くに、葉書の木(郵便局の木)とも呼ばれるタラヨウが植えてありました。

カスミザクラ

4月の中旬頃には、葉書塔の近くでカスミザクラ(霞桜)が咲きます。上記の写真は4/5頃に撮影したもので、背後に霞桜が映っています。霞桜は咲くのが遅いので、この時はまだ満開ではありませんでした。

紅葉

momizi12b.jpg
葉書塔の周辺は、「もみじ谷」と名づけられており、その名の通り紅葉が楽しめます。

地図

hagaki


大きな地図で見る
ラベル:歴史
posted by tenpakutanken at 11:57| Comment(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする