2015年04月20日

相生山の四季を歩く会に参加

ラブリーアースJapan主催

相生山の四季を歩く会に参加しました。
主催はラブリーアースJapan様です。
4月12日9時30分から相生口に集合して、そこから山中を3時間ほど歩きました。今回の趣旨は、コナラ、サクラ、ツツジ、アケビ、バラ科の植物などの4月の花を楽しむ、というものです。

事前にプリントを渡してもらいましたので、たくさんの植物の名前を覚えることができました。
次回以降も積極的に参加しようと思います。

観察できた植物

akebi.jpg
アケビの花。名古屋市内でも自生しています。

takanotume.jpg
タカノツメ (ウコギ科) 。

tutuji.jpg
コバノミツバツツジ。相生山では、コバノミツバツツジ、モチツツジ、ヤマツツジの三種類のツツジを楽しめます。

azukinashi.jpg
アズキナシ。バラ科。別名、秤の目。

kobanogamazumi
スイカズラ科、ガマズミ属のコバノガマズミ。 果実が楽しめます。

karatati.jpg
トンボ池の近くで見かけたカラタチの木。人が植えたものと思われます。

nasi
コナラの大木のベンチ近くで見かけた梨の木(?)。人が植えたものと思われます。

ズミは、かつては相生山でよく見かけたそうです。ミヤマカイドウとも呼ばれます。会員の方の説明では、相生山名物ともいえる存在だそうです。個人的には写真がうまくとれていなかったので別の機会に。

zumi1.jpg
zumi.jpg

相生山の四季を歩く会

相生山の四季を歩く会は、毎月第2日曜日、9時30分〜12時 中日新聞県内版「鳥・虫・花」などにも案内が掲載されています。
ラベル:自然
posted by tenpakutanken at 13:45| Comment(5) | 相生山散策会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

天白川の工事

天白川の中流域で、何年間にもわたって河川拡張工事が続いています。洪水に備えるということになっていますが、以前の天白川の姿は見る影もなくなっています。

tenpakugawa2

工事の詳細はこちらに記載されています。この情報を見る限りでは、30年くらいかけて、天白川全体を工事するようです。

工事前の写真

下記の写真は、工事前の様子です(2014年撮影)。
tenpakugawa1
tenpakugawa3
tenpakugawa4.jpg

天白川は散歩、ランニング、サイクリングに適した場所でした。代替手段はなかったのか、と考えざるを得ません。
ラベル:景観
posted by tenpakutanken at 19:30| Comment(0) | 天白川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

コナラ

相生山緑地はコナラの木が多い里山です。
コナラはブナ科コナラ属の樹木です。
他には、同じブナ科コナラ属のアベマキの木もたくさん生えています。

コナラ

相生山緑地の山根口の近くにあるコナラの大木。
休憩している人の姿をときどき見かけます。

コナラもアベマキもドングリがなります。 ドングリは食用になるとのことです。

樹齢

konara1.jpg
相生山のコナラやアベマキの樹齢は、70年くらいだという説明を聞いたことがあります。 これは、戦時中に、燃料確保のために相生山の樹木を伐採したため、ということです。 こういうところにも戦争の影響があるのかもしれません。
ラベル:自然 樹木
posted by tenpakutanken at 19:52| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ミツバアケビ

相生山にはアケビが生えています。天白区内ではめずらしいかもしれません。
アケビは秋になると、実が食べられます。若葉や果皮も食用になるとか。

葉が5枚のアケビ、葉が3枚のミツバアケビ、ゴヨウアケビの3種類があります。相生山で見られたのはアケビ、ミツバアケビでした。

akebi.jpg

akebi1.jpg
写真はミツバアケビの花。
ぶどうの房のようになているのが雄花、葵の御紋?のような形が雌花。

アケビの実

アケビの実
6月の散策会では、アケビの実が観察できました。
ラベル:自然
posted by tenpakutanken at 16:14| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

タカノツメ

タカノツメは、ウコギ科の落葉高木で、イモノキという別名があります。相生山にもあちこちで見られます。

takanotume2.jpg

takanotume1.jpg

タカノツメの名は、芽が鷹の爪に似ていることに由来します。また、紅葉のシーズンでは、鮮やかな黄色に色づきます。

タカノツメは、ウド、タラノキなどと同じウコギ科で、山菜としても知られます。
ラベル:自然 樹木
posted by tenpakutanken at 12:18| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする